2011年1月31日月曜日

インターネットのこと:ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワーク、観てきました。
それをきっかけに考えたことを、だああっと殴り書きしておこうと思います。


たくさんのひとがつながるっていう、それ自体に意味があるんだと思っていて。
なんだか私のまわりではインターネットに対して恐怖心や不信感を抱いているひとが多いように感じますが、この気持ち、警戒心こそが良い意味でも悪い意味でもカギを握っているのでは?と思いました。

「ちょっといっぱいつくりすぎたがよ~」って、むかいのおばちゃんがおはぎ持って勝手口からいきなり入ってきたり、夕方「干物ようけもろたき!」って隣のおんちゃんが庭から塀からビニールぶら下げて大声で呼んでくれたり。
朝学校行く時は、そのへんのおばちゃんおんちゃんにも「おはよう」って挨拶しながら行ったし、もちろん帰りも道を通る人たちが「おかえり」って声かけてくれた。
ただし遅い時間に帰ったり、買い食いしたり、そういうのは内緒にしてても絶対近所のひとに見られてて、全部ばれちゃうんだけどね!
商店街のお肉屋さんで母が立ち話をしている途中で、百円玉を飴と間違えて飲み込んじゃった私をみんなが助けてくれた。遊んでるうちにどぶに落ちたうちの妹も、みんなが助けてくれた。
近所のひとはほとんど顔と名前を知っている、田舎の小さな町で暮らしていた私にとっては全部当たり前のこと。

だけどそういう感覚も私が生きてきた、たった20年の間で相当変化した実感があって。うちの隣にはマンションが建って、もうどんなひとが住んでるのか全員は分からない。
むかいのおばちゃんはもう死んじゃったし、隣のおじちゃんは足が悪くて家からほとんど出ない。その介護で一緒に住み始めた息子さん家族は、近所と関わらない。
小さい頃に教わって、当たり前のようにしていた「あいさつ」が、みんながしなくなったおかげでいつの間にか褒められるようなことになっていた。
商店街は区画整理でなくなって、お肉屋さんも八百屋さんもパン屋さんもなくなって、その上に大きな道路ができた。ファミマもスタバもローソンもシネコンも、高知に元々なかったものは入ってきたけど、近所の中華屋さんもモーニングがおいしい喫茶店も、いろんな映画を観に行った小さな映画館もぜんぶなくなった。

そういう風に人と人がつながってるって、うっとうしいしめんどくさいし、息苦しいかもしれない。今の世の中には必要ないってみんなが思ったから薄れていったのかもしれない。だけどみんな、本当は誰かとつながっていたいはず。
たとえばTwitterでおはよう、ただいま、おかえり、おやすみってよく見るけど、そういう気持ちが根底にあるのでは?
だから「つながる」ってこと自体が注目されてるんじゃないかな。

インターネットは危ないだとか、顔が見えないひとがどうのこうのってよく聞くけれど、それは個人の判断力の問題だと基本的には思います。
現実の世界でだって、詐欺や嘘やそういうことをしようとするいやーな人たちは、とうの昔から存在しているわけで。対面のコミュニケーションではないから、その分注意を払わなければいけないことはあれど、自分がしっかりとした判断能力を持っていないと危ないことにはかわりがない。

例えば出会い系サイトだって、男女が勝手に出会ってそれをキッカケに恋愛してなんてそれ自体に問題はないわけで。それを悪用するひとと、その嘘を見抜けないひとがたくさんいるから、事件が頻発して出会い系=危ないというイメージがついてしまう。
それは「出会い系サイト」というツール自体が悪いのではなくて、使うひととその使い方が悪いだけなのに。

始める前から理由をつけて尻ごみするのは簡単だけれど、ぽーんと飛び込んでしまえばなんてことなかったりする。嫌ならやめちゃえばいい。やってみないで嫌な噂だけを聞いて、それをまたばらまくことに果たして意味はあるのかしら。
反対に、自分にとって良いことであってもそれを盲信的に信じてしまうこともとっても危ない。
自分が見て聞いて触って、きちんと自分の感覚で感じて、自分の頭で判断することをしないでいれば、そりゃあ判断能力も鈍ってしまうよね。

インターネットも現実も、そういう部分ではなんら違わない。冒頭で述べた「良い意味でも悪い意味でも」というのはこういうこと。

少なくとも私は怖がりだし臆病だし泣き虫だけど、そのせいで目の前にごろごろ転がってる「たのしいこと」をみすみす逃したくない。多少痛い目みても、なにもしないよりははるかにマシだと思っています。もちろん、悪い頭をフル回転させて必死に考えて動いて判断した上で。

Facebookが日本で流行るか否かを議論したり、ああすればいいこうすればいいって話し合うのは私たちのすることじゃない。天才に嫉妬することでも憧れることでもない。
天才じゃない、お勉強のできない、だけど面白いことも楽しいことも大好きな私には何ができるんだろう。そもそも私は何をしたいんだろう。
そういう風に一生懸命頭を働かせるきっかけになる映画でありました。

2011年1月22日土曜日

好きなこと以外はぜんぶそうでもない

雰囲気でものを決める癖がある。
なんとなく、好きな雰囲気・空気というものがあって、そういうあんまり根拠のないことで人や物を信用してしまう。
「運命」という言葉はかなり胡散臭いのだけれど、実は結構信じていたりもする。

どれだけ周りや世間で素晴らしいと持て囃されていても、なんとなく好きになれなかったり信用できないということがよくある。
それは別に私の観察が優れているとか、先見の明があるとか、そういうかっこいいことではなくて。ただ単に「胡散臭さ」にすごく敏感というか。それも私の基準のなかでの「胡散臭さ」だからまあ、あまり信用ならない。

たとえば好きな物書き・作家・文豪もやはり、好みのお顔をしてらっしゃる。その方の作品を読んで、なんとなく好きだなあと思った人は大体見た目も好きだ。そういう方々の作品にはもう、初期から遡って全てを買い占めて私のものにしたいほどの愛着を持つようになる。また逆に、ひとつとても素敵な作品を見つけても、他の作品はいまいちぴんとこないような場合は大抵、後で写真なりを見て、納得する。

歌手や俳優はまだしも、なんと友人に至るまで、別に顔で選んだわけではないのになんとなく好みから大きく外れていない人たちが集まる。それは別に世間で言う「イケメン」とか「カワイイ」とかとは必ずしも一致しているわけでもなく、必ずしもそこから隔たりがあるわけでもなく。

顔というか本当に、その人の持っている雰囲気や温度や匂い。そういうものが、ばちっと合うようなひとはやはりあたしの運命の人だし、一緒にいるうちに合ってくる人もいる。また合わなくても一緒にいたいと思う人や、合わないけれど(合わないこそ、かな?)好きな人もいる。

それから、これは父親のいない家庭で育ったり、男性に対して少しトラウマとなるような経験を子供の頃にしたことがあるせいか、文学や音楽など好みが女性の生み出したものに大きく偏っている。
男性のつくったものでも、好きなものはあるけれど大抵同性愛者だったり中性的な空気をまとっている方である。こういう言い方は好まないけれど、分かりやすいだろうからあえて言うと「男くさい」「男らしい」、そういうものは苦手だ。

こういった好きなものに対しての嗅覚や好奇心や執着はものすごくあるのだけど、興味のないことにはとことん無関心であるために、私はすごく栄養が偏った人間だ。それが悪いことなのかはまた別として。
こういう偏った部分を、大学に入ってからは悪いことのように恥じて、必要以上に自分を責めていたように思うけれど、最近は別にそうは思わなくなってきた。
バランスは自然ととれていくもののように思えるし、そもそも自分自身のバランスの悪さに気を取られているうちに楽しいことを逃してしまうような気がして。

そうやって開き直って少しだけ背筋をのばして元気にしていれば、周りの人たちは案外あたしを受け入れてくれるものだ。たまに伝わらなかったり、うまくいかなくて、苦しい時もあるけれどその時はその時で一生懸命考えれば良いって思えるようになった。決めつけたり、レッテルを貼ったり、食わず嫌いしたりするのはもちろんよくないけれど。

基本的には楽観的で快楽主義者なので、それらしくのほほんとね。私が運命を感じたひとに、私もまた運命を感じてもらえるように。

2011年1月18日火曜日

好きな人がいます。

私は会って間もない人でも好きになるし、逆にどれだけ長い付き合いの人でも好きになれないこともあります。
なんとなく、ほんとうになんとなあーく、このひといいなって、ぴんときた人のことは大体好きになるし、はたまた初めは嫌やなあって思った人でもじわじわ好きになっていくこともたまーにあります。

わたしの場合は好きなひと、とはいえ甘酸っぱくて喉より少し下の奥の奥がくぅって締め付けられるような、そういうのではなくて。
女の子たちの会話で出てくるイメージで言えば、気になるひとやいいかんじのひとに近いような気がします。
おまけに私の場合それに加えて、おにいちゃんとか、おとうさんとか、そういう感覚で親しみを覚えているひとのこともさしているようなので、なんだかもうよく分からない。

それゆえにわたしには大体いつでも数人好きなひとがいて、そのひとたちは大体次の3つのパターンに分かれています。①彼女がいる。②結婚している。③私のことが眼中にない。
そしてまたわたし自身も厄介なことに、その好きな人のことをどうしたいのか、そのひとにどうされたいのかが分からないのです。彼の恋人になりたいのか。妹になりたいのか。親友になりたいのか。抱いてほしいのか。かわいがってほしいのか。嫌いになってほしいのか。

だけれど往々にして、むこうがその気になってくれた時には私の気持ちが冷めていることが多かったり。あるいはごく稀に、同時に惹かれ合っていても、のっぴきならない事情により一緒になれなかったり。

こういう気持ちが恋愛感情なのだとずうっと思っていたのですが、いろんなひとの話を聞く限りどうやら私のと、周りの人のそれとは大きく違っているのではないかということに最近やっと気がつきました。私の「好き」は単なる興味だと。だから長続きしないんだろうなあと。だけど、わくわくとかどきどきとか、楽しかったり面白かったり気持ちいいことが最重要事項なわたしにしてみれば、あながちおかしな思考回路でもないのかなあなんて思ったりもしたりしなかったり。

まあ、なんにせよ、ほんとうに好きだとか愛してるだとかそういうことを言いたい。言わないと気が済まない。というほど全身全霊でひとりのひとにベクトルをむけたカマクラチサは、相当怖いだろうなあ。
わたしもまだ経験したことがないからわからないけどね。

2011年1月16日日曜日

男もすなるなんとやらを

今までblogというものをやったことがない、ということはないのですが、いつも続かずなんだか苦手意識を持っていました。
読んだ本、観た映画、聴いた音楽、お洋服、日常のこと、考えたこと、思うこと・・・とにかくそういうものを文字にして残していこうと思い、blogをはじめることにしました。
どうぞよしなに。